苦しくて、辛くてどうにもならない時の経験ほど尊いものはない。

 

  現状に満足してはならない。

      常により良さを求めて努力するところに進歩はある。

 

  危機感のないところに勝利無し。

 

  理論より実践。

  理屈より実行。

 

  戦いに勝つためには強くならなければならない。

      強くなる為には自分との戦いに勝つことだ。

 

  まずバレーボールに惚れることだ。

 

 

【バレーボールは人間を作る】

 

バレーボールは人間を作る

 

バレーボールを道として選び

それ故に礼儀を重んじ

コートで精神を鍛え心を錬り

敵は相手でなく自分であることを知り

己に勝てる人間となりたい

 

他人より二倍も三倍も努力し

やらされる三時間より

自ら進んでやる一時間の価値を知り

最後まであきらめない

根性のバレーボールマンになりたい

 

失敗を人のせいにせず

簡単なプレーほど慎重に扱い

同じミスを二度と繰り返さず

人の気持ちになってものを考えられる

心豊かなバレーボールマンになりたい

 

練習とは人生の縮図と悟り

今日できることは明日にのばさず

研究と精進を怠らず

やれと言われたらすぐに行動する

プライドのあるバレーボールマンになりたい

 

我慢の味を良く知っており

物を大切のする暖かい心を忘れず

ライバルすら協力したくなるような

同友に惚れられる

たくましいバレーボールマンになりたい

 

バレーボールは人間を練り

バレーボールは人間を作る

 

 

 

 

 

        作者は不明ですが、バレーボール界では古くから多くの指導者の皆さんが

        選手を指導していく上で心の支えとしてきた詩だそうです。

                管理人の娘(高校生・バレー部)が顧問の先生からこの詩をいただいて

        きました。娘より母の方が涙が出るほど感動しちゃって…。

        こんなバレーボールマン(ウーマン)に私もなりたい…。

          このHPでも引用させていただきます。

 

 

 

Hey Visitor!